転職したい理由はひとそれぞれ!

看護師が転職する色々な理由について

全般的に看護師不足の傾向にありますから、病院としては看護師確保には躍起になっています。けれども看護師としては、転職を決意することがあります。 具体的に看護師が転職する色々な理由についてご紹介しましょう。

一番目は、待遇面での不満です。 特に効率良く仕事をこなせる看護師ならば、他の看護師以上に仕事をして いるにも関わらず、能力に見合った給料を貰っていないと感じて転職を 考えます。

二番目は、配属先への不満です。 例えば、内科を希望している看護師が、外科や救急・オペ室に配属になった 場合など、希望のセクションで仕事ができないケースも転職を考えるキッカケ になります。

三番目は、夜勤など勤務時間への不満です。 夜勤が忙しすぎたり、勤務時間が長すぎると体力的な問題があり転職を検討 するケースも多いです。 若い年代の時は夜勤でも問題なくこなせますが、何年も夜勤を継続している と体調を崩す場合もでてきます。加えて中腰での作業とか立ち仕事や患者様の 移動など腰痛を訴える看護師も少なくありません。

四番目は、精神的な負担が大きいことです。 経験年数が増えるにつれて大切な仕事を任されることが多くなり、責任が重く 常に緊張状態にあって精神的な負担により転職を考える看護師も多いです。

五番目は、患者の死が引き金になる場合です。 看護師になると決意した段階である程度の覚悟は出来ているとは思います。 しかし何度も患者様の死に立ち会う場面に疲弊してしまって転職を考える 看護師も多いです。 死に遭遇しにくい軽い症状の患者様や検診業務や外来のみの病院に魅力を 感じる看護師もいます。

六番目は、人間関係への不満です。 病院に限定したことではないですが、勤務先で人間関係が良くない場合は 転職の糸口になります。特に看護師は、女性が多い職場ですから相性が悪い 人との夜勤などは結構なストレスになるんです。

七番目は、医師への不満です。 ストレスの蓄積の影響があるかもしれないですが、仕事をキチンとこなして いても医師が看護師にきつく当たる場合があれば、病院を辞めることもあります。

八番目は、結婚や出産が原因の場合です。 結婚したり出産したりのタイミングで看護師をやめる人達も多いです。 継続する場合でも夜勤がない病院とか時間に融通がつく病院への転職を 余儀なくされる場合があります。

以上、看護師が転職する色々な理由についてご紹介しました。 これ以外にもスキルアップを目指す積極的な転職もあります。

↑ PAGE TOP