転職成功の秘訣をチェックしましょう!

看護師の転職!成功例と失敗例

看護師として勤めている中で、転職を考えることがあるといえますが、 実際に働いてみなければ分からないことが多いため、できるだけ成功例や 失敗例を参考にしておきたいものです。 そこで、一般的に言われている、看護師の転職の成功例と失敗例について みていくこことにしましょう。

まず、成功例についてですが、良くある意見としては、夜勤の回数が 減少したことや、夜勤そのものが無くなったというものがあります。 人によっては、夜勤の方が良いという意見もありますが、日勤と夜勤が 混ざってしまうと、体調不良を招いたり、生活のリズムが狂いがちになる ことから、家庭と両立できないケースがあります。

そのため、転職したことで夜勤による負担がなくなったことを、 成功例として挙げる人がいるようです。 また、残業が減った、もしくは残業そのものがなくなったことを成功例と して挙げる人もいます。 特に、小さいお子さんがいたり、家庭の事情で残業をすることができない人が 転職した場合、このような意見が上がりやすいようです。

次に、失敗例についてみていくことにしましょう。看護師さんの転職先として 人気がある、日勤勤務ですが、メリットばかりではないようです。 例えば、小さな病院へ転職し、夜勤が無くなったものの、レントゲン技師などが 不在なため、仕事が非常に忙しくなるなど、想定外の仕事が増えたという意見が あります。

また、午前診療しかないことから、大きな総合病院へ転職したものの、 救急指定病院だったため、かなり仕事が忙しくなったというケースもあるようです。 それだけではなく、総合病院は診療科によっては、手術が頻繁に行われるケースが ありますので、想像以上に夜勤が忙しいく大変だったという意見もあります。

このように、転職をする際は、必ず労働条件を確認してから勤務を開始するもの ではありますが、働いてみなければ分からないことだけといっても過言ではありません。 しかし、看護師専門の人材紹介サービスを利用して転職をすることで、 事前に現場の状況を把握しやすくなりますので、転職を希望する場合は、 活用してみると良いかもしれません。

↑ PAGE TOP