手術室で求められる看護師の服装とは?

「手術医療の実践ガイドライン」による看護師の服装

手術室は病院の中でも特に清潔な環境を維持しなければならない場所です。 外来や病棟でも清潔には注意を払いますが、特に手術室は別格になって厳密な対応がとられています。 ここでは、「手術医療の実践ガイドライン」による看護師の服装をご説明することにします。

看護師が手術室に入室する場合は清潔区域になっていますから、まず下着以外の服を脱ぎます。 そしてクリーニングされた清潔な手術着を着用しなければなりません。 手術着は部内着と手術下着になります。

上下に分かれているデザインの手術着の場合は、上着の裾をズボンの中に入れるように決められています。 手術着はクリーニングすることで血液などの汚れを除去して、洗濯のプロセスの中で70度から80度の高温洗浄をすることで消毒しています。

手術着を着用したら帽子とマスクを着用します。 帽子は鏡の前に立って頭髪が全部覆われていることをチェックしながら被ります。 長い髪型をしている看護師の場合はフードを被るほうがお薦めです。

マスクは口と鼻が出ないように完全に覆うようにして、きちんと装着するようにしましょう。 ノーズピースが付属しているマスクの場合は自分の鼻の形にフィットするように曲げて調節して隙間がでないように顔に密着させます。

欧米と違うのが靴についてです。 日本では靴についている塵や埃などのハウスダストを手術室に持ち込まないように、洗浄済みのスリッパなど手術専用の履き物に履き替えることが一般的です。

一方、欧米諸国では靴にシューカバーをかぶせて手術室に入ることが普通になっています。 靴を履き替えたりシューカバーをすることが感染の減少に効果があるかどうかという証拠はありません。

米国疾病予防管理センター(CDC)が公開している感染対策ガイドラインによると、「手術部位感染防止のためにシューカバーを使用するのではない」と表現されています。 靴の履き替えやシューカバーを使うことは、血液など手術中の汚染物質を手術室に持ち出さないという意味合いもあるから実施されているのです。

以上「手術医療の実践ガイドライン」による看護師の服装をご説明しました。

↑ PAGE TOP