訪問看護師の仕事は体力勝負?!

訪問看護師 > 訪問看護師は男性が向いてる?

訪問看護師は男性が向いてる?

どの医療機関にも、問題がある患者さんというのは存在するといえます。そんな、問題がある患者さんに対応するために、男性看護師が求められているということを、ご存じでしょうか。 そこで、今回は問題がある患者対策のために、男性看護師が求められる理由について、ご紹介していくことにしましょう。

まず、一言で問題がある患者さんといっても様々です。病が原因で精神バランスを崩し、一時的に接しづらくなっている患者さんもいれば、いつも接し方に気をつけなければならない不穏患者など様々でしょう。

この不穏患者とは、患っている病が関係していることもあり、特定の診療科でよく見掛ける傾向が強いのですが、女性看護師の場合、体力的な問題や腕力的な問題から対処に困ることがあるのです。
保育園看護師に強い求人サイトは?

そんな時に、男性看護師が必要となるということですね。人によっては、男性看護師がいるということが分かった時点で、大人しくなることもあるようですし、特に体が大きな男性看護師がいると、何かと頼もしいものです。 また、問題がある患者さんの中には、クレームやわがままではなく、セクハラをする人がいます。

これは、女性看護師が相手をすると、話がこじれることもあり、大変対処に困ってしまうものですが、男性看護師であれば、そのような心配が一切ありません。

このように、多くの現場で男性看護師が求めれているわけですが、この他にも決定的な理由があるといわれています。一概に言い切ることはできませんが、男性の場合、女性と比較すると論理的だということが分かっているのです。

そのため、不穏患者だけに限らず、何らかの問題が起きてしまった時に淡々と対象する人が多いといえます。もちろん、女性看護師の中でも、対処が上手な人はたくさんいますが、男性看護師の対処の仕方とは、またちょっと違うものです。

以上、問題がある患者対策に男性看護師が求めれる理由について、ご紹介しました。昔から、精神科や手術室などでは、多くの男性看護師が働いてきました。今後は、様々な診療科でも更に見かけるようになることでしょう。

看護師の勤務場所と仕事内容

看護師の勤務場所は、主に大きく分けて①病院②個人クリニック③検診センター等④保育園等に分かれます。 看護学校を卒業して大体の新卒者が就職する先は①病院になります。①病院のなかでも、病棟、外来、検査室、手術室と分かれるかとおもいますが、やはり一番多いのは病棟勤務だと思います。

②③のクリニックや検診センターは、子供が小さかったり、夜勤ができないママナースに多くみられます。 規則的な休みと決まった勤務時間(残業が比較的少ない)のがママナースにとっては理想の職場のようです。

④の保育園に関しては、元々小児科で勤務していたナースや医療とは少し違った子供の成長発達等に興味のあるナースが多いです。

仕事内容としては、病院はやはり医療行為になります。 しかし、働く部署によって、その内容は、全然違ってきます。 外来勤務では、主に、ドクターの診察の補助になりますので、大きな医療行為はありません。

整形外科外来であれば、キズやケガの処置になりますが、メインの処置はドクターが行うのが多いです。 病棟勤務が看護師らしいといえば看護師らしい仕事内容かもしれませんが、一番ハードだというのも確かです。

入院中の患者さんの毎日の健康管理はもちろん、ガーゼ交換や医療機器の点検、交換、薬の配薬や服用指導、入浴やトイレ介助もナースが行います。 その為、とても体力がいる仕事でもあるかとおもいます。 病棟勤務のなかでも、診療科によって、仕事内容が異なりますが、循環器内科はとにかく忙しく、やるべき処置や医療行為も多いです。

産婦人科や小児科は、入院日数が少ないのが特徴なので、患者さんの入れ替わりが激しいのはあるものの、循環器内科に、比べれば忙しくないのかもしれません。 外科は手術前後の患者さんが主なので、手術前のケアから、術後の管理、ケアまで行います。

病棟、外来と違って、手術室勤務もあります。 よく、テレビで見る「メス」という、まさにその現場ですが、手術室勤務では、実際手術を行う先生、ドクターへの機械出し。行ったり、外回りといって、患者さんの術中の観察を行ったり、手術で使用した機械の洗浄や部屋の清掃を行います。

このように、一言で看護師とはいっても、勤務する場所によって、仕事内容も異なります。

看護師支援サイトは複数登録がおすすめ

看護師専門の転職支援サイトはいくつかあるのですが、どこに登録しようか迷っている方もいるでしょう。 実際に転職支援サイトを利用している方の多くは、1サイトのみではなく複数のサイトに登録しています。

複数のサイトに登録するのはどうしても面倒に感じてしまうかもしれませんが、様々なメリットがあるのです。

まず、サイトによって取り扱っている求人情報の種類が違うということ。 サイトAでは掲載されていなかったものの、サイトBには掲載されている仕事もあります。

中には同じ病院の求人情報であったとしても求人が出ている診療科や雇用形態が違っていることもあるため、複数のサイトに登録することによってより自分の理想に近い求人情報を見つけることができるのです。

それから、転職支援サイトに登録すると好条件の非公開求人と呼ばれるものがチェックできるのですが、この情報もサイトによって違います。 たくさんのサイトに登録すれば、それだけ好条件の求人情報が集めやすいので、一般的な求人よりも好条件で働ける職場が見つかるでしょう。

また、転職支援サイトに登録をすると専任のコンサルタントがついて相談にのってくれるのですが、コンサルタントの質はサイトによって違います。 1サイトのみを利用した場合には自分のコンサルタントの質が良いのか悪いのか判断できませんが、複数のサイトを利用することにより、コンサルタントの質も比べることができるわけです。

本当に信頼してつき合っていけるコンサルタントを探すためにも複数サイトに登録した方がいいといえます。

転職支援サイトが持っている内部事情もサイトによって異なるため、求人先を絞った後も転職支援サイトを上手に活用しましょう。 例えば、人間関係に関する内部情報に強いサイトもあれば、勤務形態などに関する情報に強いサイトもあるわけです。

複数のサイトを利用することにより、本来は実際に働いてみなければわからない職場環境や人間関係に関する情報がたくさん集まります。